発達障害の子供向けのジムでABAに基づく児童発達支援を受けた経験と感想

うちの小さな頃から子供は活発で見た目は何も問題がないように見えましたが、小学校に入学してか担任の先生からの指摘を受けて発達障害であることに気づきました。

発達障害であることに気づいたきっかけは、興味がある教科だけは成績が良いものの、他の教科については成績が非常に悪かったことです。学校の先生と相談したり自分でネットで調べて、児童発達支援のための塾を見つけて放課後に通わせることにしました。

子供が通う児童発達支援塾では応用行動分析(ABA)に基づいた療育が行われているそうで、心理学により人間の行動や判断のパターンを予測した上で、問題行動をさせないようにするという方法が用いられているそうです。

問題行動をした場合でも叱ったり強制するのではなく、子供が受け入れやすい方法で徐々に馴らしていく、といった感じです。ABAは日本では知られておらず、児童発達支援塾の方から説明を受けて初めて知りました。

最初は子供が児童発達支援塾に素直に通ってくれるかどうか心配でしたが、特に嫌がらずに毎日楽しそうにしているので安心しています。療育を開始してすぐに改善したわけではありませんが、時間の経過とともに少しずつ苦手な教科にも取り組むようになりました。

子供は発達障害と一生付き合っていかなければなりませんが、児童発達支援塾を通して社会生活に順応できるように本人が自覚して努力をすることができるように身につけてもらいたいと願っています。

三郷市の児童発達支援

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です