感覚過敏の女の子

産まれた時から神経が細かく、敏感な子、という印象だった我が子。成長するにつれて、肌の感覚が過敏になっていきました。

ゴムの締め付けや、レース、素材、少しでも気になると「気持ち悪い!」と泣き叫んで、全ての洋服を脱ぎ捨ててしまうようになりました。なだめたり励ましたりそっとしたり、様々な方法で接しますが、結局本人の納得のいくようにしか、できませんでした。

外出の際はもちろん、トイレに行くたびパンツの脱ぎ履きで大騒ぎになります。結局、重ね着や重ね履きは不可能、毎日何とか着れる同じ洋服ばかり着て、パンツは履かず、ズボンを直ばきして過ごすなど、親子ともに精神が疲弊する日々が続きました。

現在は5才、幼稚園のお友達に「なんでパンツ履いてないの?」と聞かれることが嫌らしく、幼稚園にいる間は何とかパンツをはいて制服を着れるようになりました。親にはできなかったことを、同い年のお友達が引き出してくれたことに、喜びを感じるとともに、「そんなことで?」とあっけにとられる思いでもあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です